ホーム » 2017年1月

2017年1月の記事一覧

靴のにおい 東京出張





さて、念願叶ってかどうかは不明であるか、東京出張の当日である。あいにくの雪が酷い天気である。東京の天気はおそらく晴れなのであるが、こちらは路面に積雪がある。

家の者は、今回の東京出張について最後まで否定的であった。「何が何でも行くつもりなのか?雪が溶けてからにしたらどうか」、と最後まで言った。

ブーツを履いていくか、スニーカーで行くかを迷う。現地に着いた時に歩きやすい方が良いので、結局スニーカーを選んだ。面会を予定している先方に電話を一本かければ済むのかもしれないが、まだ先方は寝ているだろう。スニーカーを履いて歩き始めて気付いたのであるが、左足のスニーカーのカカトのクッションが剥がれているのだ。歩くたびにパッカン、パッカン、と音を鳴らす。
前回の関西出張の時も、そうであった。

kutu.jpg


最寄りのバス停からバスが出発するのが、見えた。結局、バスには間に合わなかったようである。走っても間に合わないであろう。というか雪道では走ることも出来ない。
スマホからタクシー会社に手配を依頼する。雪のため通常よりも時間がかかる。30分ほどかかるという。待ち合わせ場所は近所のコンビニである。コンビニで接着剤を買う。トイレで靴のカカトに接着剤を付けてみたが雪で濡れているので上手く付かない。

仕方がない。靴が乾いてから再度、試してみよう。
30分と言っていたがタクシーは15分くらいで来た。コンビニのガラス越しにバスが走りさるのが見えた。新しい便が来たようであった。




バスの出発時刻を確認しておくべきだったかもしれない。バスの方が安くて早いはずだから。
しかし、タクシーを手配してしまったのだからと、バスは諦めることにした。また民間ではなく市営バスの運行もスマホで調べてみたが、バス停留所まで雪道が酷いのでやめておくことにした。それでタクシーに乗り込んだのであるがベテランの運転手でアタリだった。裏道、近道を通って早く駅に着いた。タクシーの後部座席に座っていると靴の爪先に付着した雪が溶けてきて冷たい。しばらくしたら臭うかもしれない。

足が臭うときは、これが良いらしい。⇒足のニオイを消す

駅に着いて新幹線のチケットを購入する。目的地までは隣の県庁所在地の駅で一旦、乗り換えた方が40分ほど早く着くらしい。切符の手配は、その形でお願いした。それにしても待ち時間が長い。


新幹線の到着を待っている間に靴に付着した雪が少しずつ融けてきた。
濡れた靴下が気持ち悪い。雪道をスニーカーで歩けば当然なのであるが。一応、予備のソックスは持ってきてある。それにしても腰が痛い。ハードな業務と寒さのためであろうか。普段なら、こんな休みは迷わずカイロプラクティックに行くのであるが、今回は東京出張の予定が入っているので時間的に無理である。スニーカーの剥がれたカカトのゴムは、いち接着剤でとめようか?満員の新幹線の中で靴を脱いだら臭うかもしれない。しかし、思うのであるが、何故、冬場の足のニオイは、こんなにも気になるのであろうか。

2017,0123

正月

正月なので昔からの友人に出会った。この人は麻雀が好きである。以前、この人から聞い...

続きを読む

大学

日本大学と言えば相撲部が有名ですね。高見盛や舞の海がいます。そんな日本大学ですが...

続きを読む

  • 1

Return to page top